読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を変えるたった3mmの行動力。

お節介おばさんのお節介なお話しと適当なお話し。

写真スタジオに行ってきました。その①

■七五三の撮影に行ってきたよ■

長男のハルは去年の11月で3歳になりました。本来であれば、3歳になる年の11月に七五三詣りを行うのが通例かと思いますが、わたし自身の長期入院や、次男誕生、旦那が仕事を辞める・軽度のうつになるなど、いろんなことがあったため、お詣りはなんとか11月に行けたのですが、写真撮影を逃していたので、いまさらながら行ってきました!

ちなみに、10年くらい前にそこでアルバイトをしていました。つまりは元スタッフなので、細かなことは色々変わっていきますが、大まかな内容であったり、システムは分かっているのであります!(`・ω・´)

時期をずらすとキャンペーンでお得

ご存知とは思いますが、当然予約が多くなるであろう時期はキャンペーン内容が薄くなります。

七五三撮影でいうと、もちろん11月が大本命です。前月の10月は、何事も早い目と言われるお国柄よって、滑り込みで本命時期になります。12月は早い目を気にしない人や世代的には若い世代に、あー、写真撮ってないなー、みたいな感覚で撮りに来られます。
このあたりは、本当にキャンペーン内容は希薄です。基本的にはなにもキャンペーンをしなくとも、撮りにきていただけるのですから。

余談としては、7〜8月は子どもたちが夏休みに入るため、店側も獲得したい時期であり、お客側も連れて行きやすい時期になります。
キャンペーン内容としては、需要と供給で、まずまず充実した内容になることが多いです。

■そんなわけで思い立って2月撮影■

ちょうど次男のケイが、生後6ヶ月で、お宮参りと100日祝いの写真を撮りに行けていなかったので、それも合わせた写真をと、思い立ったのです。

つづく

その②へ
写真スタジオに行ってきました。その② - 3mmだけでも世界は変わる。