読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3mmだけ。

たった3mmだけでも世界は動く。

目的を持って生きて行かねば、日々はただ過ぎ去り行くもの。

ドゥーも今晩べそ、坂木です。
最近の日々過ぎ去りしスピード感が半端ないね!
あれ?光速なの?ってくらい記憶なく過ぎていきますけど!!
どーすんの!!

色々ねぇ、ネタはあるんですよ。
下書きフォルダにはどんどん中途半端なやつが溜まっていくわけで。
誰かが見てくれるかもしれない、
とか思うとかしこまって、気軽に書けやしねぇよ。

だから、しばらくはそういうのはやめた!!

とりあえず、思ったり感じたり、日々のことをつらつらと…たぶんしばらくは日記になってしまいますが、それでもふとしたところが、誰かの目にとまれば嬉しいなあ。

そんなこんなで、
今日は久しぶりに泣きました。かくかくしかじかで、旦那も泣かせました←

今は正直離婚の危機なのかもしれないんです。

いろんな原因があって、それこそ話せば長くなるのでまたの機会にするとしまして、とにかく、「わたしに対する信頼感が希薄」というのがたぶん一番の原因なんだと思います。

でも彼いわく、回復できる程度で、再構築の段階らしいです。

自分自身が大変な状況であったし、物理的に身動きが取れずなにもできなかったし、彼本人が頑張るって言ったし、なんとかしてみる、とも言ってくれていた。

当時はそれをただ信用するしかなかった。それを疑うことが出来ない状況にあった。

けど、それでも、
それが果たして本当になんとか出来る状況なのか、頑張れる状態なのか。もっと親身になって聞いてあげてれば、彼は「うつ病」にならなくてすんだのかもしれない。

そう思うと、わたしが至らなかったな、と思う反面、なぜ近くに居た人たちが、なんとか気付いてあげられなかったのか、と哀しくなります。

(わたしは4ヶ月もの間入院していて、物理的に旦那と離れ離れで生活していたのです)

その時に自分(彼本人)をわたしが守ってくれなかった、として、わたしはそうして信頼感を失っているのが、今現在なのです。

正直はっきり言って彼本人の問題なんです。

自分を信じるのは自分しかいない

自分を守れるのは、他の誰でもない自分しかいないんです。
それを、「僕を信じてくれなかった」っていう少し論点のズレたところで、腑に落ちるように自分自身を納得させてるんだと思います。






あーーーーー!!!!!!
もう!!!!
坊が寝ない!!!
もう強制終了!!!
寝る!!!
また後日!!

しーゆーぐっない。
腹立つーーー